テナントにおける「リフレッシュ休業日取得制度」の導入について
2019/3/1

イクスピアリでは、施設で働くテナントキャスト(従業員)のES(従業員満足)向上を目的とし、「リフレッシュ休業日取得制度」を2019年4月より導入いたします。本制度は、テナントが半年に1日ずつ、任意で休業日を設定することができる制度です。

昨今さまざまな業種・業態において労働力不足が深刻化する中、『働き方改革関連法(※)』も成立し、働き方の見直しが推奨されています。
イクスピアリでは、この法施行にあわせ、休日を取得しやすい労働環境を整備するべく本制度を2019年4月から1年間、試験的に導入することにいたしました。
イクスピアリでは、本制度をはじめ、施設で勤務するキャストが生き生きと働き、ゲストに感動と喜びを届けることができる環境の維持・向上を目指してまいります。

ゲストの皆さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

※…正式名称:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律

top